高まるSEの需要の裏には
人材不足の原因を知ることは飛躍へのチャンスです!

ハイスキルを持ったシステムエンジニアの数は、いつの時代も圧倒的に不足しています。難しい資格は合格率が数%であることも多いです。いくら志望者が多くても、きちんとハイスキルを身につけることは非常に難しいのです。一握りの人しかできない仕事も多いですから、上の方では人材の取り合いが続いています。優秀な人材を確保するためにヘッドハンティングが常態化していて、企業同士でごく僅かなスキル保持者を奪い合っているのが現状です。こうした状況を改善させたいのであれば、教育に力を入れるしかありません。

難しい資格試験にも合格できる力を多くの学生に持ってもらうためには、教育の効率を上げるのが手っ取り早い方法になります。今よりも待遇をよくするのも、もう一つの有効な方法でしょう。ハイスキルを身に付ければ一生食べるのには困らないという世界がやってきたら、志望者数も多くなり、結果として試験に合格する人も増えます。現状はまだ、アメリカのようなIT先進国に比べて待遇面で不満があります。システムエンジニアが売上に貢献をしたときには、印税のようなボーナスを与えるなどの工夫が求められます。

アメリカではそうした制度改革が進んでいて、システムエンジニアになろうという若者の数も増えてきています。他国から優秀なエンジニアを集める仕組みも考えなければなりません。アメリカはインドや中国から優秀な人材を取り入れて、発展を続けています。他国の成功例を参考にするのは悪いことではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です